コンテンツにスキップ

シミュレーション/ 結果の出力

結果をKML/KMZとして出力する

※条件: 最大浸水深が表示されている必要があります。

  1. DioVISTAのメニューバーから [洪水シミュレーション] > [最大浸水深] > [KMLで出力]を選択します。

  2. [名前を付けて保存]ダイアログが表示されます。

  3. 任意の出力先および出力ファイル名を設定して[保存]ボタンをクリックします。

    • ファイルネームを filename.kml として保存すると、KMLとして保存されます。
    • ファイルネームを filename.kmz として保存すると、KMZとして保存されます。

結果を印刷する

  1. DioVISTAのメニューバーから [ファイル] > [印刷]を選択します。

  2. [印刷]ダイアログが表示されます。

  3. プリンターを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

  4. 地図画面が印刷されます。

動画を生成する

  1. 動画を生成したいシミュレーション結果をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション結果]から選択し、右クリックします。

  2. [計算結果を動画で出力]をクリックします。

  3. [動画出力]ダイアログが表示されます。

  4. 出力・入力の設定をします。

  5. [OK]ボタンをクリックします。

  6. 進捗ダイアロが出現します。動画出力を取りやめる場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。

  7. 動画が生成されます。

結果をNetCDF形式で出力する

  1. NetCDF形式で出力したいシミュレーション結果をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション結果]から選択し、右クリックします。

  2. [MLIT形式でエクスポート]をクリックします。

  3. [計算結果のエクスポート]ダイアログが表示されます。

  4. エクスポートの設定をします。

    ※ファイル形式でnetCDFを選択します。

  5. [エクスポート]ボタンをクリックします。

  6. 進捗ダイアロが出現します。動画出力を取りやめる場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。

  7. NetCDF形式で出力されます。


最終更新日: 2022-01-07
Back to top