コンテンツにスキップ

FAQ/ 浸水深をCSVに出力する際、小数点以下3桁で出力したい

シミュレーション結果をMILIT CSV形式でエクスポートすると最小単位がcm単位(小数点以下2桁)となります。これをmm単位(小数点以下3桁)で出力したいです。

なお、浸水想定区域図データ電子化ガイドライン(第3版) においては、浸水深の小数点以下の桁数を2桁で出力するよう求めていますが(例えばp. 50 表9)サンプルデータでは3桁が例示されています(例えばp. 50)。

回答

dfsConv64.exe にて csv または max2csv を指定し、オプション -R を使ってください。このオプションを指定すると、次の変数が小数点以下3桁で出力されます。

  • 標高
  • 浸水深
  • 流速
  • 最大浸水深
  • 最大流速
  • X 方向最大流速
  • Y方向最大流速

これらの変数は、浸水想定区域図データ電子化ガイドライン(第3版) にて、小数点以下2桁で出力するよう指定されている変数です。

なお、MLIT CSV形式で出力されたデータをGISに展開した際に、浸水がまばらに飛んだ、飛び地状態となる場合は、このオプション -R とオプション -z の両方を同時に指定することを試してください。詳しくは、「FAQ/浸水深をGISに出力すると浸水域が飛び地状に表示されることがある」を参照してください。

なお、この機能はバージョン 3.3.0 から利用可能になりました。


最終更新日: 2022-01-07
Back to top