コンテンツにスキップ

凡例/ 追加・編集

凡例データを追加・編集します。

  1. 追加・編集する対象の凡例パネルの[]をクリックします。

    現在設定している凡例メニューが表示されます。[設定]を選択します。


    図: 凡例メニューの表示・設定

  2. [凡例の編集]ダイアログを表示します。

    1. 新規で追加する場合、[新規作成]ボタンを選択します。

    2. 現在表示している凡例を基に追加する場合、[コピー]ボタンを選択します。

    3. インポートで新規作成する場合、[コピー]ボタンを選択します。

    4. 凡例の値や色を編集する場合、設定値をダブルクリック、および選択して[編集]ボタンを選択します。

凡例の編集ダイアログ


図: 凡例の編集ダイアログ

表: 凡例の編集ダイアログの項目と説明

項目 説明
タブ 選択すると、設定されている凡例情報を表示します。
パターン情報 設定されているパターン情報を表示します。
新規作成 新規に凡例を作成する場合に選択します。
選択すると、パターンの設定ダイアログが表示されます。
コピー 現在表示している凡例を基に作成する場合に選択します。
選択すると、新規タブにコピー元の設定値が引き継がれます。
変更 パターン情報を変更する場合に選択します。
選択すると、パターンの設定ダイアログが表示されます。
削除 現在表示している凡例を削除する場合に選択します。
確認メッセージが表示されますので、[はい]を選択すると凡例が削除できます。
インポート エクスポートした内容を外部で修正して、インポートする場合に選択します。
選択すると、新規タブに凡例情報が追加されます。
エクスポート 任意の出力先で編集する場合に選択します。
設定値 リストに設定されている色、値、凡例文字列を表示します。
ダブルクリックすると、項目の設定ダイアログを表示します。
追加 設置値に追加をします。選択すると、項目の編集ダイアログが表示します。
編集 設定値の編集をします。設置値リストを選択している状態で選択すると、項目の編集ダイアログを表示します。
削除 設定値の値を削除します。設置値リストを選択している状態で選択すると、項目の編集ダイアログを表示します。

パターンの設定ダイアログ


図: パターンの設定ダイアログ

表: パターンの設定ダイアログの項目と説明

項目 説明
パターン名 凡例の名前を入力します。
単位 凡例説明に表示する単位を入力します。
スタイル 「色」固定です。
境界条件 判定条件を設定します。初期値は、「凡例=値」です。
フィールド名 各凡例のフィールド名が設定されています。
色の補間 色の補間表示を設定します。初期値は、「有効」です。

項目の設定ダイアログ


図: 項目の設定ダイアログ

表: 項目の設定ダイアログの項目と説明

項目 説明
閾値を設定します。
凡例文字列 凡例説明に表示する文字列を入力します。
色および透明度をカラーパレットで選択します。

インポートファイル(テキストエディタで表示例)

図: インポートファイル


最終更新日: 2021-12-16
Back to top