コンテンツにスキップ

FAQ/ 河川のバックウォーター現象のモデル化

河川の合流において、支川に対するバックウォーター(背水)の影響を考慮できますか。

本川の水位が上がり、支川から本川に流下できなくなり支川があふれる現象(バックウォーター現象)をシミュレーションしたいと思います。

回答

可能です。

支川に対し、バックウォーターの影響を考慮することができます。

たとえば下図では、本川(鶴見川)の流量が支川(矢上川、早淵川)との合流点で増加していることがわかります。また、それぞれの支川では水位勾配がほとんどなく、本川の水位に強く影響を受けていることがわかります。


図: バックウォーター効果が表れた事例


最終更新日: 2021-11-25
Back to top