コンテンツにスキップ

FAQ/ 破堤箇所からの逆流の仕様

破堤箇所を通じ、氾濫原から河道へ戻る流れが発生する場合の流量は、堤防高または破堤敷高を考慮した値になっていますか。

回答

はい、そのようになっています。

ただし、[破堤個所] のプロパティ [氾濫原の地盤高を使用する(逆流許可)] によって、動作が異なります。

この値を [True] にすると、氾濫原から河道へ戻ることができるようになります。また、破堤地点以外にも、氾濫原の水位が堤防天端を超えている個所からも河道にもどります。ただし、その区間に仮想壁がある場合、その仮想壁の設定が優先されます。

この値を [False] にすると、氾濫原から河道へ戻らなくなります。既定値は [False] です。 [False] の場合、氾濫原の水が河川に戻ることはありません。ただし、排水機場があれば、それを通じて河川に戻ります。また、海、下水、Openセルなどがある場合は、それらを通じて水が消えます。

詳細は FAQ/河川に壁を立てる および FAQ/河川に壁を立てた場合でも氾濫原に戻したい をご参照ください。


最終更新日: 2021-11-25
Back to top