コンテンツにスキップ

参考文献

1 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 浸水想定区域図データ電子化ガイドライン(第 2 版), 平成27年7月 (2015). URL
2 国土交通省, 浸水想定区域図データ電子化用ツール, 平成18年9月 (2006).
3 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 浸水想定区域図データ電子化用ツール ver. 2.0, 平成28年3月 (2016).
4 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第2編河川編, 2.7.3 各種氾濫計算モデル, 4)二次元不定流モデル, p129, 1999.
5 栗城稔, 末次忠司, 海野仁, 田中義人, 小林裕明, 氾濫シミュレーション・マニュアル(案)-シミュレーションの手引き及び新モデルの検証-, 土木研究所資料, No. 3400, 平成8年2月 (1996). URL
6 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 国土技術政策総合研究所 河川研究部 水害研究室, 洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4版), 平成27年7月 (2015). URL
7 株式会社日立製作所, 空間シミュレーションプログラムおよび装置, 特許4761865号, 2011-08-31. (米国特許7603263, 中国特許PZL200610008661.4), 公益財団法人発明協会令和元年度関東地方発明表彰 発明奨励賞(水害シミュレーションの高速化手法)
8 山口 悟史, 岩村 一昭, Dynamic DDMによる氾濫シミュレーションの高速化,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, Vol. 48, No. SIG_6 (TOM_17), pp. 92-103, 2006. URL
9 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第4編用排水・地下水編, 2.2.4 修正RRL法, p.362, 1999.
10 檜物良一, 森一夫, 豊田忠宏, 井上弥九郎, 森田弘昭, 汚水管きょへの雨天時進入水に関する調査報告書, 第4章 流出解析モデルを用いた雨水浸入水解析, 国総研資料第26号, 2002. URL
11 株式会社日立パワーソリューションズ, 氾濫シミュレーション装置およびプログラム, 特許4979322号, 2012-07-18.
12 国土交通省 北陸地方整備局, 急流河川における浸水想定区域検討の手引き, 平成15年9月 (2003). URL
13 国土交通省 水管理・国土保全局, 河川環境課 水防企画室, 洪水ハザードマップ作成の手引き(改定版), 平成25年3月 (2017). URL
14 小川 芳也, 瀬良 昌憲, 澤井 健二, 足立 考之, 小笠原 裕介, 正岡 聡, 氾濫解析とリンクした洪水時の避難判断支援情報の提供に関する研究, 自然災害科学, Vol.33, No.1, pp. 43-52, 2014. URL
15 山本博文, 福井市足羽川左岸における平成16年福井豪雨の浸水被害, 自然災害科学, Vol. 26, No. 1, pp. 41-53, 2007. URL
16 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第2編河川編, 2.2.3 一次元解析法に基づく開水路流れの水理, (d) 横流出・横流入のある流れを表す運動方程式, 式(2-2.21), p. 97, 1999.
17 国土交通省 河川局, 河川定期縦横断データ作成ガイドライン,平成20年5月 (2008). URL
18 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第4編用排水・地下水編, 3.4.4 流下水量計算式, p. 382, 1999.
19 杉浦 毅, 湧川 勝己, 松枝 俊明, 寝屋川流域における浸水被害軽減対策の検討, 国土技術研究センター, JICE report , Vol. 15, pp. 33-39, 2009. URL
20 立川 康人, 永谷 言, 寶 馨, 飽和・不飽和流れの機構を導入した流量流積関係式の開発, 水工学論文集, vol. 48, pp. 7-12, 2004. URL
21 株式会社日立パワーソリューションズ, 水害シミュレーションプログラム及び水害シミュレーションシステム, 特許4959346号, 2012-06-20.
22 山口 悟史, 池田 務, 岩村 一昭, 小河川向け高速連成シミュレーション手法の提案, 土木学会第62回年次学術講演会講演概要集, Vol. 62, No. 2, p. 2-0038, 2007. URL
23 栗城 稔, 末次 忠司, 小林 裕明, 田中義人, 横越流特性を考慮した破堤氾濫流量公式の検討, 土木技術資料, Vol. 38, No. 11, pp. 56-61, 1996.
24 国土交通省 河川局, 治水経済調査マニュアル(案), 平成17年4月 (2005). URL
25 Yamaguchi, S. and S. Yamaho, Optimizing Two-Dimensional Flood Model with SSE and Concurrent Processing, Proc. of 12th International Conference on Hydroscience & Engineering (ICHE2016), Taichung, Taiwan, pp. 08-0001, 2016. URL
26 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第3編ダム・発電編, 1.3.3 底部取水工の取水量, (b) 円形スクリーン取水工, 式 (3-1.20), p. 252, 1999.
27 国土交通省 河川局 治水課, 浸水想定区域図作成マニュアル, 平成17年6月 (2005).
28 国土交通省 河川局 治水課, 中小河川浸水想定区域図作成の手引き, 平成17年6月 (2005). URL
29 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室,中小河川洪水浸水想定区域図作成の手引き(第2版), 平成28年3月 (2016). URL
30 国土交通省 河川局 河川計画課, 河川基盤地図ガイドライン(案)第2.1版, 平成13年12月 (2001). URL
31 建設省河川局監修/日本河川協会編, 改訂新版 建設省 河川砂防技術基準(案)同解説 調査編, 技法堂出版, 1997. URL
32 国土交通省水管理・国土保全局, 河川砂防技術基準 調査編, 平成24年6月 (2012). URL
33 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 浸水想定区域図データ電子化用ツール ver. 3.0.6, 令和元年9月 (2019). URL
34 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 浸水想定区域図データ電子化ガイドライン(第3版), 令和元年9月 (2019). URL
35 林 泰造, 基礎水理学, 鹿島出版会, ISBN 978-4306023147, 1996.
36 岡本芳美, 開水路の水理学解説, 鹿島出版会, ISBN 978-4306022836, 1991.
37 国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 水防企画室, 国土技術政策総合研究所 河川研究部 水害研究室, 小規模河川の氾濫推定図作成の手引き, 令和2年6月 (2020). URL
38 椎葉 充晴, 立川 康人, 市川 温, 水文学・水工計画学, 京都大学学術出版会, ISBN 978-4876982479, 1.2.2 山腹斜面におけるキネマティックウェーブモデル, p.7, 2013. URL
39 株式会社日立パワーソリューションズ, 流域抽出プログラムおよび流域抽出装置, 特許5337995号, 2013-8-16.
40 土木学会, 水理公式集 平成11年度版, ISBN 978-4810602012, 第2編河川編, 2.4.2 実河川を対象にした各種平均流速公式の分類と適用性, 表 2-2.4 平均流速公式のレベル分類, p. 113, 1999.
41 林 泰造, 基礎水理学, 鹿島出版会, ISBN 978-4306023147, 第10章 開水路の流れII-漸変不等流、不定流、二層流, 式(10.20)および式(10.22), p.275, 1996.
42 岡本芳美, 開水路の水理学解説, 鹿島出版会, ISBN 978-4306022836, 第1章 開水路の水面形, 式(1.36), p. 34, 1991.
43 山口 悟史, 岩村 一昭, 2004年足羽川洪水事例による氾濫シミュレーションの精度検証, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 2-0027, 2006. URL
44 小林 健一郎, 寶 馨, 立川 康人, 最適化手法による分布型降雨流出モデルのパラメータ推定, 水工学論文集, Vol. 51, pp. 409-414, 2007. URL

最終更新日: 2022-05-25
Back to top