コンテンツにスキップ

FAQ/ 粗度係数のデータソース

粗度データとして使用しているデータは何ですか。

回答

土地利用データをもとに、粗度係数を設定しています。土地利用データは、国土数値情報(もしくはGLCC)のデータを利用しています。変換方法は、ユーザが定義できます。土地利用区分ごとに、氾濫モデルの粗度係数、建物占有率、浸透能力、初期損失、および流出モデルの粗度を指定することができます。


図: 土地利用・粗度変換表

国内の土地利用には平成28年のデータが使われます。詳細はテクニカルリファレンス DioVISTAに付随する地図データ を参照してください。ただし、平成21年のデータで追加された「道路」および「鉄道」は「道路用地」、「ゴルフ場」は「公園・緑地等」に割り当てています。

国土数値情報の土地利用データのコードと、それに対するDioVISTAの分類コードの対応を以下に示します。国土数値情報は、"昭和51, 62, 平成3, 9, 18年度"と、"平成21, 26 ,28年度" とでコードが異なりますが、DioVISTAでは平成21年度以降のコードを使っています。

DioVISTA分類コード 種別 国土数値情報分類コード
1 山林・荒地等 500, 600
2 100
3 畑・その他の農地 200
4 造成中地
5 空地
6 工業用地
7 一般低層住宅地 700
8 密集低層住宅地
9 中高層住宅地
10 商業・業務用地
11 道路用地 901, 902
12 公園・緑地等 1600
13 公共公益施設用地
14 河川・湖沼等 1100
15 その他の用地 300, 400, 800, 1000, 1200, 1300
16 1400, 1500

関連項目


最終更新日: 2021-12-03
Back to top