コンテンツにスキップ

プロジェクト/ 盛土

<主な用途>

  • 氾濫原において、盛土データが標高として反映されていない場合に、盛土として設定します。


図: 盛土

表: 盛土のコンテキストメニュー項目と機能

コンテキストメニュー項目 機能
盛土の新規作成 盛土を新規作成します。
盛土のインポート KML・KMZ形式の盛土データをインポートします。
すべての盛土をエクスポート 盛土データをKMZ形式でエクスポートします。
すべての盛土を削除 盛土をすべて削除します。

盛土の新規作成

  1. 盛土の高さの初期値をプロパティの[盛土高の初期値(m)]にて指定します。

    初期値は5mになります。


    図: 盛土フォルダのプロパティ画面

  2. 地図上で盛土を作成する区間をマウスクリックで指定します。


    図: 盛土の新規作成(区間指定)

  3. 一つ前の状態に戻す場合、右クリックするか、[BackSpace]キーを押します。

  4. 作成をキャンセルする場合、[Esc]キーを押します。

  5. ダブルクリックまたはEnterキーで確定します。

  6. 盛土に関する条件をプロパティ画面で設定します。


    図: 盛土の新規作成のプロパティ画面

    表: 盛土の新規作成のプロパティ名と設定内容

    プロパティ名 設定内容
    名称 任意の名称を入力します。
    盛土データ 盛土データ編集画面で、地図上で選択した位置の天端標高、盛土高の設定を行います。
    上面幅(m) 盛土の上面幅を設定します。
    初期値は、「0」です。
    下面幅(m) 盛土の下面幅を設定します。
    初期値は、「1」です。
    長さ 地図上で指定した盛土の長さを表示します。
    有効 有効/無効の設定をします。
    初期値は、「True」(有効)です。
    「True」: 有効
    「False」: 無効
    線スタイル 地図上に表示する線スタイル(線種/線幅/線色)を指定します。
    初期値は、以下のとおりです。
    「線種」: 実線
    「線幅」: 2px
    「線色」: rgb(80,80,0))
    3D表示 盛土データの3D表示有効/無効の設定をします。
    初期値は、「False」です。
    「True」: 3D表示します。
    「False」: 3D表示しません。

盛土をインポート

  1. 盛土の高さの初期値をプロパティの[盛土高の初期値(m)]にて指定します。

    初期値は5mになります。

  2. メニューを選択すると開くダイアログが表示されます。


    図: 盛土をインポート

  3. インポート対象のKMLファイルを指定して[開く]ボタンをクリックすると、盛土データがインポートされます。

    LineString 要素を盛土として取り込みます。

    次のKMLファイルを読み込んだ結果を、下図: KMLを取り込んだ後のスクリーンショットに示します。

     1
     2
     3
     4
     5
     6
     7
     8
     9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <kml xmlns="http://www.opengis.net/kml/2.2">
        <Document>
            <Placemark>
                <name>盛土1</name>
                <LineString>
                    <coordinates>139.8574919015324,35.70783447287972,0 139.8804076250479,35.70976599913611,0</coordinates>
                </LineString>
            </Placemark>
            <Placemark>
                <name>盛土2</name>
                <LineString>
                    <coordinates>139.8594621765656,35.70227606823047,0 139.8834271128942,35.70342018474717,0</coordinates>
                </LineString>
            </Placemark>
        </Document>
    </kml>
    


    図: KMLを取り込んだ後のスクリーンショット

インポート対象のKML要素

Kml の取り込みでは coordinates の経度、緯度が反映されます。
LookAtLineStyle、および coordinatesの標高値は無視されます。 盛土の天端データを取り込みたい場合は、FAQ/ 盛土データをDioVISTAにインポートするPowerShellスクリプト をご参照ください。

すべての盛土をエクスポート

  1. メニューを選択すると、[名前を付けて保存]ダイアログが表示されます。


    図: すべての盛土をエクスポート

  2. 任意の出力先を指定して[保存]ボタンをクリックすると、盛土データがKMZ形式で出力されます。

すべての盛土を削除

メニューを選択すると、確認メッセージが表示されます。[はい]ボタンをクリックすると、すべての盛土データが削除されます。


最終更新日: 2022-01-07
Back to top