コンテンツにスキップ

プロジェクト/ KMLオブジェクト/ データ


図: KMLオブジェクトデータ

表: KMLオブジェクトデータのコンテキストメニュー項目と機能

コンテキストメニュー項目 機能
目印の追加 目印を作成します。一つのKMLオブジェクト内に複数作成することができます。
目印のインポート CSV形式ファイルの目印情報をインポートします。
フォルダの新規作成 フォルダを新規作成します。複数のオブジェクトをフォルダで管理することができます。
属性参照 KMLオブジェクトの属性を地図上にバルーン表示します。属性が設定されていない場合は選択できません。
属性編集 KMLオブジェクトの属性を編集します。
上書き保存 KMLオブジェクトの変更を上書き保存します。
名前を付けて保存 新しくKMLオブジェクトの保存を行います。
このオブジェクトを削除 KMLオブジェクトを個別削除します。

目印の追加

  1. 地図上をクリックし、目印を指定します。

    地図上をクリックすると、[プロパティ]ダイアログ(下図)が表示されます。


    図: プロパティダイアログを表示

    表: プロパティダイアログの項目と説明

    項目 説明
    名称 目印の名称を設定します。
    説明 説明を入力します。
    KML属性参照をした場合にバルーン表示されます。
    ラベル 表示色 目印のラベルの色を設定します。
    縮尺 目印のラベルの大きさを縮尺で設定します。
    アイコン 表示色 アイコンの色を設定します。
    縮尺 アイコンの大きさを縮尺で設定します。
    基準点 X アイコンの位置の基準点のX座標を設定します。
    アイコン画像に、プレビュー表示されます。
    Y アイコンの位置の基準点のY座標を設定します。
    アイコン画像に、プレビュー表示されます。
    アイコン画像 アイコン画像を選択します。
    クリックすると、[アイコン選択]ダイアログが表示されます。アイコン画像を選択します。
    選択したアイコンと、画像上に基準点を表示します。
    添付ファイル 添付ファイルを設定します。
    設定した添付ファイルは、KML属性参照で表示されるバルーンから開くことができます。
  2. [OK]ボタンをクリックします。目印が作成されます。


    図: 目印を作成

    1. 目印の移動

      目印の位置を移動します。

      地図上をクリックし、位置を指定します。クリックした位置に目印が移動します。

    2. 属性参照

      目印の属性を地図上にバルーン表示します。

      属性が設定されていない場合は、選択できません。

      メニューを選択すると、目印の属性がバルーン表示されます。

      添付ファイル名をクリックで選択すると、添付ファイルが開きます。


      図: 目印の属性を地図上にバルーン表示する

    3. 属性編集

      目印の属性を編集します。

      1. メニューを選択すると、[プロパティ]ダイアログが表示されます。

      2. [プロパティ]ダイアログで、目印の情報を設定します。


        図: 属性の編集のプロパティダイアログ

        表: 属性の編集のプロパティの項目と説明

        項目 説明
        名称 目印の名称を設定します。
        説明 説明を入力します。
        属性参照をした場合にバルーン表示されます。
        アイコン アイコン画像 アイコン画像を選択します。
        クリックすると、[アイコン選択]ダイアログが表示されます。アイコン画像を選択します。
        選択したアイコンと、画像上に基準点を表示します。
        基準点 X アイコンの位置の基準点のX座標を設定します。
        アイコン画像に、プレビュー表示されます。
        Y アイコンの位置の基準点のY座標を設定します。
        アイコン画像に、プレビュー表示されます。
        添付ファイル 添付ファイルを設定します。
        設定した添付ファイルは、属性参照で表示されるバルーンから開くことができます。
      3. [OK]ボタンをクリックします。

        目印の属性が作成されます。

    4. このオブジェクトを削除

      メニューを選択すると、目印が削除されます。

目印のインポート

  1. 目印情報のCSVファイルは、以下の形式にしてください。

    名称、緯度、経度、説明の4項目を含めてください。


    図: 目印情報のCSVファイル形式

  2. [ファイルを開く]ダイアログで目印のCSVファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

    [目印のインポート]ダイアログ(下図)が表示されます。


    図: 目印のインポートダイアログ

    表: 目印のインポートダイアログの項目と説明

    項目 説明
    座標系 座標系を設定します。
    取り込むフィールド 名称、緯度、経度、説明に、それぞれ対応するフィールドを設定します。
    アイコン アイコン画像 アイコン画像を選択します。
    クリックすると、[アイコン選択]ダイアログが表示されます。アイコン画像を選択します。
    選択したアイコンと、画像上に基準点を表示します。
    基準点 X アイコンの位置の基準点のX座標を設定します。
    アイコン画像に、プレビュー表示されます。
    Y アイコンの位置の基準点のY座標を設定します。
    アイコン画像に、プレビュー表示されます。
    データのプレビュー 読み込んだCSVファイルのデータプレビューを表示します。
  3. [OK]ボタンをクリックします。

    目印がインポートされます。

フォルダの新規作成

メニューを選択すると、 [新しいフォルダ]項目が作成されます。


図: 新しいフォルダ項目の作成

属性参照

メニューを選択します。

対象のKMLオブジェクトの属性が、バルーン表示されます。

添付ファイル名をクリックで選択すると、添付ファイルが開きます。


図: KMLオブジェクトのバルーン表示

属性編集

  1. メニューを選択すると、[プロパティ]ダイアログが表示されます。

  2. [プロパティ]ダイアログで、KMLオブジェクトの情報を設定します。


    図: KMLオブジェクトの情報設定のプロパティダイアログ

    表: KMLオブジェクトの情報設定のプロパティの項目と説明

    項目 説明
    名称 KMLオブジェクトの名称を設定します。
    説明 説明を入力します。
    属性参照をした場合に、バルーン表示されます。
    添付ファイル 添付ファイルを設定します。
    設定した添付ファイルは、属性参照で表示されるバルーンから開くことができます。
  3. [OK]ボタンをクリックします。

    KMLオブジェクトの属性が作成されます。

上書き保存

メニューを選択すると、KMLオブジェクトの変更を上書き保存します。

保存していない新規KMLオブジェクトの場合、[名前を付けて保存]ダイアログが表示されます。保存先を指定して保存します。

既存のKMLオブジェクトの場合、上書き保存します。

名前を付けて保存

[名前を付けて保存]ダイアログで保存先を指定して、[保存]ボタンをクリックします。

KMLオブジェクトが保存されます。

このオブジェクトを削除

メニューを選択すると、KMLオブジェクトが削除されます。


最終更新日: 2021-12-16
Back to top