コンテンツにスキップ

条件設定 個別操作/ 河川/ 水位計

水位計の作成をする

  1. 水位計を指定したい河川をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション条件] > [河川]から選択し、右クリックします。

  2. [新規作成] > [水位計の新規作成] をクリックします。

  3. [水位計]ダイアログが表示されます。

  4. 水位計を作成する位置の距離を入力します。

  5. [OK]ボタンをクリックします。指定した位置に水位計が作成されます。

  6. 水位計に関する設定をプロパティ画面で設定します。

水位計の観測値(水深・水位)を設定する

  1. 観測値(水深・水位)を設定したい水位計をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション条件] > [河川]から選択し、クリックします。

  2. プロパティの観測値にある[...]をクリックします。

  3. プロパティの種別が水深の場合、水深設定画面が表示されます。 ※プロパティの種別が水位の場合、水位設定画面が表示されます。

  4. プロパティの種別が水深の場合、時間(s)と水深(m)を入力します。 ※プロパティの種別が水位の場合、時間(s)と水位(m)を入力します。

  5. 入力が完了したら[OK]をクリックします。

水位計のH-Q式を設定する

  1. H-Q式を設定したい水位計をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション条件] > [河川]から選択し、クリックします。

  2. プロパティのH-Q式にある[...]をクリックします。

  3. H-Q式設定画面が表示されます。

  4. 水位(m)と流量(m^3/s)を入力します。

  5. 入力が完了したら[OK]をクリックします。

水位計のアラートレベルを設定する

  1. アラートレベルを設定したい水位計をDioVISTAのプロジェクトメニュー一覧の[シミュレーション条件] > [河川]から選択し、クリックします。

  2. プロパティのアラートレベルにある[...]をクリックします。

  3. アラートレベル設定画面が表示されます。

  4. 各水位(m)を入力します。

  5. 入力が完了したら[OK]をクリックします。


最終更新日: 2021-12-16
Back to top