コンテンツにスキップ

FAQ/ HQ式適用下限流量とHQ式適用上限流量を設定する理由

HQ式の[HQ式適用下限流量]と[HQ式適用上限流量]は、どのような場合に使う機能ですか。

回答

河川のある断面において、HQ式を適用すべき流量がある範囲に限られている場合、[HQ式適用下限流量]と[HQ式適用上限流量]を設定してください。

なお、浸水想定区域図作成マニュアル(第4版) 平成27年7月 p. 9 には次のようにあります。

浸水想定区域図作成マニュアル(第4版) 平成27年7月 参考資料3 計画規模を上回る洪水発生時の浸水解析の手引き(案) p. 9

河道計画で用いる水理解析手法並びに水理条件により、現況河道における流量規模ごとの各断面の水位を計算し、Q=a(H+b)2形式等のH-Q式を作成することとされているが、河道計画と整合させたH-Q式は、計画規模を前提とした流量配分を基に設定されるものであり、計画規模を上回る流量に対しては、外挿による水位設定となるため、河道水位を過大評価してしまう場合がある。したがって、堤防天端高相当流量の算定は、越流水深に上限を設定したり、河道計画と整合させたH-Q式による換算水位ではなく、氾濫を考慮した不定流計算水位を用いたりするなど、留意が必要である。

関連項目

テクニカルリファレンス/ 河川モデル/ HQ式で水位を補正する テクニカルリファレンス/ FAQ/ HQ式とは


最終更新日: 2022-05-23
Back to top