コンテンツにスキップ

FAQ/ DioVISTAの妥当性確認

氾濫計算結果の再現性や妥当性について、どのような検査をされています。実施された内容とその方法を教えて下さい。

回答

氾濫の妥当性については、他社解析事例との比較や過去の水害との比較を行なっています。

後者については一部を公表しております。(参考文献43: 2004年足羽川洪水事例による氾濫シミュレーションの精度検証)。

鬼怒川氾濫(2015)の再現

data: 国土地理院, 平成27年9月関東・東北豪雨に係る茨城県常総地区推定浸水範囲(2015年9月11日 13:00時点). URL.​

真備町水害(2018年)の再現

data: 国土地理院, 平成30年7月豪雨に係る岡山県倉敷市真備町の推定浸水範囲の変化, 国土地理院技術資料 D1-No.940, 2018. URL

千曲川水害(2019年)の再現

data: 国土地理院, 【暫定】<速報>令和元年台風19号に伴う大雨による浸水推定段彩図(千曲川索引図), 2019年10月15日16時作成. URL

球磨川水害(2020年)の再現​

data: 国土地理院, 令和2年7月3日からの大雨による浸水推定図 球磨川水系球磨川5, 2020年7月4日20時作成. URL


最終更新日: 2022-01-07
Back to top