コンテンツにスキップ

FAQ/ HQ式を与えた河川で水位が水位が不自然

河川モデルの計算を行ったところ、いくつかの断面で水位が極端に異なる結果が得られました。

河川の水面形がなめらかではありません。これは不自然な結果です。

原因と対策を教えてください。

回答

プロジェクトを拝見したところ、HQ式を与えた断面と、そうでない断面とで極端に違う水位になっていました。
すべての断面にHQ式を与える、またはすべての断面にHQ式を与えない、または不定流計算に近い結果になるようHQ式を調整する、などの対策をとっていただけますか。

DioVISTAでは河川の横断面の内挿・補間を、次の方法で行っています。

テクニカルリファレンス/ 河川モデル/ プロパティ

最大横断間距離を超えないよう、河川横断面が自動的に内挿されます。内挿すべき断面の上流に隣接する断面、および下流に隣接する断面をもとに、距離標、河床高、左岸の天端高、右岸の天端高、断面平均粗度、河川幅を線形補間により求めます。 同様に、水深に対する断面積および径深の値も、隣接する2断面の値を線形補間して求めます。 ただしHQ式は生成されません。すなわち、ユーザが明示的にHQ式を与えない限り、内挿された断面はHQ式を持ちません。

今回のケースでは、[最大横断距離(m)] が[200]に設定されていました。14断面のうち、10断面の間に内挿断面が入り、その断面はHQ式を持ちません。そのため、ご指摘の「横断線の間で水位が極端に上昇している」という結果になっておりました。

[河川1] のプロパティ [最大横断距離(m)] をたとえば[1000]にすると、ご希望の河道水位になろうかと思います。

勾配が急な河川ですので、HQ式を使わない、あるいは断面を内挿し、その断面に合ったHQ式を与えるのもよいかと思います。

関連項目


最終更新日: 2021-12-03
Back to top