コンテンツにスキップ

FAQ/ 地形データのサンプリング方法

地形データ(標高データ)は、どのようにサンプリングしていますか。

たとえば、25 mメッシュデータは、5 mメッシュデータ(オリジナル)の平均値ですか。

回答

DioVISTAで用意する25mメッシュの作り方は、以下のとおりです。

データソース(基盤地図5m標高)からバイリニア補間により緯度経度系の12.5mメッシュを作成します。このメッシュから、NN(最近傍法)によりUTM系の25 mメッシュを作成します。

しがたって、DioVISTAが用意する25 mメッシュデータは、データソースをメッシュで平均した値とは一致しません。

25 mメッシュデータとして、5 mメッシュデータ(オリジナル)の平均地盤高を利用したい場合、別のGISで作成後、DioVISTAにインポートする方法が、現状、最も簡単な方法だと思われます。


最終更新日: 2021-11-25
Back to top