コンテンツにスキップ

FAQ/ アメダス観測値を降雨データ時系列として与える

時刻1:00から4:00までの3時間、降雨を与えようとしています。

アメダス観測値が下記の場合、降雨量データはどのように入力すればいいでしょうか。

時刻  前1時間降水量(mm/h)
1:00  10
2:00  20
3:00  30
4:00  40
5:00  0

回答

気象庁の降雨量は、「前時間降水量」という考え方で集計されています。

気象庁 よくある質問集

降水量は、いつ降った雨の量ですか?
降水量は、観測時刻までの一定の時間(1時間、10分間など)に降った雨の量を表します。なお、アメダスのページでは前1時間の降水量を示しており、「12時の降水量」として表示されている数値は、11時00分から12時00分までの降水量です。

これをDioVISTAで実現するには、時刻 1:00 に観測された前1時間降水量は、1時台(1:00 ~ 1:59)に降った雨ではなく、0時台(0:00 ~ 0:59)に降った雨として入力してください。

シミュレーション時刻を Ts, 降雨時間を Tr とすると、下記のように降雨量を与えます。

0 <= Ts < 3600 のとき Tr = 3600
3600 <= Ts < 7200 のとき Tr = 7200
7200 <= Ts < 10800 のとき Tr = 10800

下記の降雨設定が、ご提示いただいた例を実現する設定になります。

時間(s) 降雨量(mm/h)
0       10
3599   10
3600   20
7199   20
7200   30
10799  30
10800  40
14399 40
14400 0

関連項目


最終更新日: 2022-09-29