コンテンツにスキップ

FAQ/ DioVISTAで使用できる座標系は

DioVISTAで使用できる座標系は何ですか。

緯度経度座標系の一つである「標準地域メッシュ(第3次メッシュ)」は使用できますか。

回答

「標準地域メッシュ(第3次メッシュ)」を使用できます。

DioVISTAではUTM座標系、または標準地域メッシュのどちらかを使用します。

座標系の選択方法

メニュー [ファイル] > [テンプレートから新規作成] > [緯度経度座標系]、または [UTM座標系] のどちらかを選択します。

どちらの座標系を選択した場合であっても、シミュレーション結果をエクスポートする際に「標準地域メッシュ」に変換できます。

シミュレーション結果を「標準地域メッシュ」でエクスポートする方法

[MLIT形式でエクスポート]ダイアログの[メッシュサイズ]で、[3次メッシュ(1km)] から [1/1000 (1m)] のいずれかを選びます。
なお、[(座標変換なし)]を選ぶと、座標変換されません。

浸水想定区域図作成業務では、「標準地域メッシュ(第3次メッシュ)」で納品することが「浸水想定区域図データ電子化ガイドライン(第3版)」で求められています。DioVISTAでは、このガイドラインに準拠した座標系で出力することができます。


最終更新日: 2021-11-25
Back to top